ご来院までの流れ

交通事故治療でのご来院までの流れ

(交通事故治療までの準備)

STEP1/警察へ届け出ます

注意すべき点は被害者も届け出ることです。特に被害者がけがを負った場合は「人身扱い」とするために届け出が必要になります。届け出は被害者・加害者両方でということを覚えておいてください。同時に自動車安全運転センターへ「交通事故証明書」の交付を依頼しておくと、仮渡金の請求がスムーズです。

STEP2/加害者側の情報を確認します

加害者の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号を確認しましょう。また加害者が会社員で勤務中に事故が起きた場合は、加害者の雇主にも賠償責任が発生する場合があるので、加害者の勤務先の住所、連絡先などを聞いておくといいでしょう。

STEP3/目撃者はいなかったかを確認します

事故が起きた時の状況など、被害者と加害者の言い分が食い違う場合があります。結果的に加害者とのトラブルに発展したというケースも珍しくありません。補償内容にも影響するので、通行人など交通事故の目撃者がいなかったかどうかを確認し、もし目撃者がいた場合は協力してもらい、証言をメモしておきましょう。目撃者という第三者の証言は中立な立場からの意見として重視されます。

STEP4/現場の記録を残します

事故に遭ったショックや、事故から時間が経つにつれて、事故当時の記憶はどんどん薄れていきます。外傷があり、すぐに病院に搬送される場合は難しいかもしれませんが、できる限り事故直後に現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておきましょう。これらの記録は賠償交渉終了時まで残しておきます。

STEP5/病院にて医師の診断を受けます

整骨院で交通事故治療を受けるためには、首や腰、膝といった痛みを感じている各部位に対して医師の診断が必要です。医師の前では少なからず誰もが緊張します。緊張のせいで、小さな痛みや症状を報告し忘れる人もいるので、診察の前に自分で首や腰に触れ、動かすと痛みや違和感、圧迫感を感じる部位がないかどうかを確認しておきましょう。

STEP6/保険会社へ治療を希望する旨を伝えます

保険会社より当院に交通事故治療の依頼が入り、交通事故治療開始となります。整骨院や接骨院など、どこで治療を受けるのかを決めるのは保険会社ではなく、被害者自身です。症状に合わせて最適な治療場所を選んでください。

当院での交通事故治療の流れ

STEP1/来院

治療をご希望の方は、直接お越しいただくか、お電話にてご予約ください。その際に、お取り扱いの保険会社連絡先(ご担当者名)と、病院で医師の診断を受けた方は診断名をお伝えいただきます。

STEP2/予診票の記入

初診の場合は、当院専用の予診表にご記入をお願いしています。
・事故が発生した日時、状況
・医師の診断内容
・けがの症状
・お取り扱い保険会社名
などをご記入いただきます。

STEP3/触診

けがの状態を触って確認します。痛み具合などを確認するために、いくつかの検査やテストを行います。この触診をもとに施術プランを組み立てていきます。

STEP4/治療

症状に合わせて、マッサージ、超音波治療、電気療法、冷温法、鍼灸治療、テーピング、背骨・骨盤矯正などを行います。当院の施術は、刺激に弱い人も安心できる施術がモットーですのでご安心ください。回復の早い部位は並行してリハビリなども行っていきます。

STEP5/終了

3~6カ月程度で完治する場合が一般的ですが、痛みが残る場合は遠慮なくお知らせください。保険会社と相談し、治療期間を延期するなど対処します。
完治した場合は、保険会社に報告し、自賠責保険の補償範囲外での施術があればその費用を計算してもらいます。明細の入った示談内容書を確認し、問題がなければサインをして完了です。

春日整骨院オフィシャルサイトはこちら 院長ブログ Facebookページへ
side_inq.png